入れ歯との違い | 歯科と歯科医院を比べながら自分に合った治療法を目指そう

入れ歯との違い

入れ歯と比較

最近では入れ歯からインプラントに変える人も多くでてきました。
人によって歯への悩みはそれぞれありますが、インプラントを活用してもらいたい方がいます。
入れ歯には、プラスッチック製や金属の床部分が存在します。それが自分の口に合っていない場合、違和感が生じてしまいます。
入れ歯が合わないという方は、インプラントを利用してみると良いでしょう。
インプラントは人工的な歯根を埋め込む治療方なので、機能的・審美的にも自然であり、インプラントが合わなかったりというトラブルは無いのです。
入れ歯を使用している人の多くがしゃべりづらさを感じています。
歯は会話をする際、非常に重要な機能となっていますが、入れ歯が合わずに動いたり空気が漏れてしまってしゃべりにくくなり、無口になり消極的になってしまった方も少なくない様です。
それに対し、インプラントは顎の骨に固定されているため動きませんので、自然に喋る事ができます。

虫歯が原因で抜歯する人も多いです。
しかし、そのまま放って置いてしまうと見た目も非常に悪くなってしまいます。
インプラントは入れ歯のような違和感が無いです。またブリッジの様に健康的な歯を削る事もありません。
できるだけ自分の歯を残しながら治療・改善を目指しましょう。
部分入れ歯をすると、入れ歯がなるべく動かないように残っている健康な歯に引っ掛けるバネが必要となります。
そのため、見た目に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
またバネを引っ掛けている健康的な歯に負担をかけてしまいます。
インプラントでは人工的な歯根を埋め込む治療法なので、しっかりと固定され、自分の歯のように扱えます。

ページのトップへ戻る