インプラントの構造 | 歯科と歯科医院を比べながら自分に合った治療法を目指そう

インプラントの構造

インプラント

近年多くの人が審美歯科について関心を持っています。
審美歯科では適切な治療と共に、施術中の見た目も考慮した治療を受ける事ができます。
現在審美歯科ではインプラントの治療法も設けられています。
インプラントとは、埋める・植立するなどの意味合いを持っています。
歯を失ってしまい噛みにくくなってしまったという症状や、見栄えが悪くなってしまった部分の機能性と見た目を人工的に回復させるための治療方法の事です。
人工の歯根を歯の下の骨に埋め込みます。その上に人工の歯を作ることで、見た目も良くなります。
現在のインプラントの治療法にはチタンが用いられていますが、過去には動物の骨や貝殻を利用して作られていました。
チタンは骨と結合する事が発見され、現在の治療法として多くの歯科医院で活用・実施されています。

構造

インプラントは現在多くのメディアに登場する事も多くなりました。
しかし多くの人がインプラントの構造などを詳しく、知ってはいないでしょう。
基本的な構造としては、歯根部・支台部。上構造の3つに分ける事ができます。
フィクスチャーと呼ばれている歯根部は、直接的に歯の骨に埋める部分として、チタン・チタン合金で作られています。
長さは1センチほどで、太さは4ミリ程度です主体親和性が高く、金属アレルギーの方でも安心して治療を受ける事ができます。
アバットメントと呼ばれている支台部は、フィクスチャーの上の方に取り付けられているものです。
セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たしています。
一般的にチタン・チタン合金製の物を使用していますが、セラミック製の物も存在し、審美性に優れていると言われています。
人工歯と呼ばれている上部構造補綴物は、白い素材が主となっています。
白い歯の素材として、内側に金属の裏打ちのあるメタルリボンがあります。またセラミックだけで出来ているオールセラミックスなどがあります。

ページのトップへ戻る